067:闇(こすぎ)   

ほんとうの闇を経験してなくてもう逝ない人の声をさがす
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:42 | 題詠blog2013

066:きれい(こすぎ)   

夕焼けがやけにきれいな梅雨だった義父(ちち)の七回忌は今年
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:41 | 題詠blog2013

065:投(こすぎ)   

投げられた言葉をきちんとうけとめていれば貴方とわかりあえてた?
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:38 | 題詠blog2013

064:刑(こすぎ)   

大切に育ててくれた人にすぐ返せなかった恩の刑罰
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:35 | 題詠blog2013

063:以上(こすぎ)   

これ以上訃報が続く未来なら、ない方がいいとちらつく雪と
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:34 | 題詠blog2013

062:氏(こすぎ)   

氏名など記号でしかない この国の戸籍削除はキーを打つだけ
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:31 | 題詠blog2013

061:獣(こすぎ)   

泣き叫ぶ獣となりて虹たどり亡き人たちに言いたきことあり
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:28 | 題詠blog2013

060:何(こすぎ)   

何事も真剣に聴いてくれた人 北海道弁、胸あたたかく
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:26 | 題詠blog2013

059:永遠(こすぎ)   

順々に崩れ壊れて永遠に忘れられたら…忘れるもんか!
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:24 | 題詠blog2013

058:秀(こすぎ)   

誰しもが秀でた才能隠してるあなたの笑顔に救われていた
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:22 | 題詠blog2013

057:衰(こすぎ)   

旅行での衰えさえも気づかずに痴呆にさせた一人にさせた
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:17 | 題詠blog2013