078:師(こすぎ)   

人生の師として歌人仲間として敬愛という言葉をのこして
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:52 | 題詠blog2013

077:うっすら(こすぎ)   

いく度にうっすらとでた汗ふいた最後の介護が私でよかった?
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:50 | 題詠blog2013

076:納(こすぎ)   

ぎっしりと蜜柑が納まり届いてた 父逝なくなり初めて知る値
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:48 | 題詠blog2013

075:良(こすぎ)   

義父に孫抱かせてあげられなかった不良品の嫁一人在り
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:45 | 題詠blog2013

074:ワルツ(こすぎ)   

毎年のウィンナワルツの番組をもういない伯母と聴いている
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:42 | 題詠blog2013

073:史(こすぎ)   

自分史をほどいて伝えてくれた祖母神隠しから白蛇伝説
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:41 | 題詠blog2013

072:産(こすぎ)   

産まれくる数よりも死んでいく生存競争は不平等だ
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:39 | 題詠blog2013

071:得意(こすぎ)   

新しい服買う度に呼び出され得意な伯母を誉めていたなら
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:37 | 題詠blog2013

070:柿(こすぎ)   

猿蟹の話し上手な父のオチ「結局、俺が柿食べちょった」
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:48 | 題詠blog2013

069:視(こすぎ)   

視えるなら幽霊でいい はなしたいこと沢山あるんだ
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:46 | 題詠blog2013

068:兄弟(こすぎ)   

義父(ちち)の足 階段滑る兄弟の死が知らされて
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-06 13:45 | 題詠blog2013