089:出口(こすぎ)   

生きている限り誰かが死んでいく出口はないが入口はどうか
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:17 | 題詠blog2013

088:弱(こすぎ)   

だんだんと強弱が減る心電図みながら頬を額をさすり
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:14 | 題詠blog2013

087:餅(こすぎ)   

砂糖かけ醤油まぶした餅ばかり食べてた父の大きな口が
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:13 | 題詠blog2013

086:ぼんやり(こすぎ)   

いつまでもぼんやり逝去した人の呟きばかり辿ってみる日々
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:09 | 題詠blog2013

085:歯(こすぎ)   

歯をみせて笑うことなどない淑女(レデイー)貴女に教えられた名前だ
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:08 | 題詠blog2013

084:左(こすぎ)   

見え辛い左目でみる現実は近視と乱視でぼやけて見えぬ
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:06 | 題詠blog2013

083:霞(こすぎ)   

その椅子に座っていた女性(ひと)いなくなり霞みががってく記憶の欠片
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:01 | 題詠blog2013

082:柔(こすぎ)   

握ったならまだ柔らかな手が最後全てを語る温みが最後
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:00 | 題詠blog2013

081:自分(こすぎ)   

自分ではない自分がしきる葬儀(しき)挨拶の声透明になる
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:58 | 題詠blog2013

080:修(こすぎ)   

高校の修学旅行のお土産が父の遺品にあっただけ…だけ。
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:55 | 題詠blog2013

079:悪(こすぎ)   

こうやって三十一字に押しこめる悪あがきだとわかっていても
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:53 | 題詠blog2013