100:止(こすぎ)   

止まらない追悼ばかりの思い出を今年の百首に縫いとめて〆(シメ)
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 16:01 | 題詠blog2013

099:文(こすぎ)   

父の日の作文までも遺品だよあなたの長女でよかったありがと
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:59 | 題詠blog2013

098:濁(こすぎ)   

今もまだ濁った目で知る訃報です真実はほぼ真横だろうと
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:57 | 題詠blog2013

097:証(こすぎ)   

晴れ男という証明が示されて父の葬儀の暑さ格別
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:55 | 題詠blog2013

096:季節(こすぎ)   

季節には季節の終わり方がある人にも人の終わりがあるよう
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:53 | 題詠blog2013

095:例(こすぎ)   

例外がもしもあるなら神様にお願い!父を母に返して
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:51 | 題詠blog2013

094:衆(こすぎ)   

大衆に迎合しない彼がいて迎合してた私をみてた
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:49 | 題詠blog2013

093:ドア(こすぎ)   

いくつかのドアには鍵がかかってて死すべきときに渡されるのだ
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:47 | 題詠blog2013

092:局(こすぎ)   

一生に一度だけ出たビデオあり局につきそい従い待った
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:45 | 題詠blog2013

091:鯨(こすぎ)   

鯨から噴き出る息と啼いてみる新月の夜人ごみの中
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:42 | 題詠blog2013

090:唯(こすぎ)   

唯一の形見がレースのハンカチで勿体なくて使えないまま
[PR]

# by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:21 | 題詠blog2013