カテゴリ:題詠blog2011( 102 )   

071:謡(こすぎ)   

民謡をうたう声だけ響いてたお風呂の中で亡き父のあの
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:02 | 題詠blog2011

070:介(こすぎ)   

仲介ができないくらいひび割れたかけはぎだらけ夕陽のこちら
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:44 | 題詠blog2011

069:箸(こすぎ)   

箸つかう指先ばかり見ています色気漂うライトの向こうの
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:43 | 題詠blog2011

068:コットン(こすぎ)   

花粉だけ柔らかコットンで拭いていくついでに皺までのびるよに
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:40 | 題詠blog2011

067:励(こすぎ)   

励ますということわからないまま夫亡くした母に℡する
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:37 | 題詠blog2011

066:豚(こすぎ)   

自分んちの子供を「豚児」と卑下してた親から受けたささやかな毒
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:33 | 題詠blog2011

065:羽(こすぎ)   

羽ばたきを忘れた鳥になれなくて雨でも烏ゴミ箱あさる
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:31 | 題詠blog2011

064:おやつ(こすぎ)   

早朝のおやつの和菓子は無くなって亡父(ちち)のいた日は菓子ばかりの家
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:28 | 題詠blog2011

063:丈(こすぎ)   

身の丈を知らずにひたすら走ってた星空ぬけて五次元ぬけて
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:25 | 題詠blog2011

062:墓(こすぎ)   

こちらでは墓はみぃんな海をむく夕陽がいつもありがとうって射す
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 19:22 | 題詠blog2011