カテゴリ:題詠blog2011( 102 )   

081:配(こすぎ)   

配色は愛嬌ばかり意識してTPOは選択肢なし
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 19:17 | 題詠blog2011

080:結婚(こすぎ)   

砂時計ひっくり返してまた返す結婚し水平線の端から月が
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:31 | 題詠blog2011

079:雑(こすぎ)   

増えていく雑誌の山に足をいれ気後ればかり田舎が香る
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:27 | 題詠blog2011

078:卵(こすぎ)   

卵から産まれた夢は大脳の痛覚あたりで君を待ってる
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:23 | 題詠blog2011

077:狂(こすぎ)   

今もまだアドレス帳が亡父(ちち)の名の実家の番号 狂いたいから
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:19 | 題詠blog2011

076:ツリー(こすぎ)   

雨垂れがツリーになっておちてくる田舎の梅雨の虹が恋しい
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:14 | 題詠blog2011

075:朱(こすぎ)   

生きている朱色の血が流れでて「生きろ!」と問われ「生きる?」と問うの
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:12 | 題詠blog2011

074:刃(こすぎ)   

あらがって刃をたて目を閉じ真実から逃げ出してても命日来たる
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:10 | 題詠blog2011

073:自然(こすぎ)   

山も樹も海風みんな自然体 父とおんなじ薫りがしてる
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:07 | 題詠blog2011

072:汚(こすぎ)   

潮水で汚れた帽子が見つかって亡父(ちち)は海に還った海亀
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-22 08:05 | 題詠blog2011