カテゴリ:題詠blog2010( 102 )   

091:旅(こすぎ)   

父無しの旅立ちはほら蘇芳色 母の気持ちを盛り上げるため
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:59 | 題詠blog2010

090:恐怖(こすぎ)   

泣けなくて恐怖はジャスミンレッドとなる 世界をすべて染め上げる
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:56 | 題詠blog2010

089:泡(こすぎ)   

波は皆オフホワイトの泡となり空にとけてくまた戻るため
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:49 | 題詠blog2010

088:マニキュア(こすぎ)   

動かない右手にマニキュアロイヤルイエロー半身麻痺ならなおさらに塗る
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:47 | 題詠blog2010

087:麗(こすぎ)   

麗しの漆黒夜空に広がってそして瞬く屋久島の父
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:43 | 題詠blog2010

086:水たまり(こすぎ)   

長靴でパシャパシャと水たまり蹴りながら納骨をする孫たち
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:40 | 題詠blog2010

085:訛(こすぎ)   

その訛りバーガンディの彩りで父の記憶と重なっていく
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:38 | 題詠blog2010

084:千(こすぎ)   

草原で千の色した馬に乗り狼だけ追う夜明けと共に
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:35 | 題詠blog2010

083:孤独(こすぎ)   

彫像の孤独な山吹色が剥げ指のネイルが貼りついて泣く
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:33 | 題詠blog2010

082:弾(こすぎ)   

弾道は光と音のおいかけっこあなたにはもう届かないけど
[PR]

by kosugi-tanka | 2010-08-31 09:30 | 題詠blog2010