カテゴリ:題詠blog2009( 102 )   

061:ピンク(こすぎ)   

雪風にピンクのブーツ履いていく足跡までも恋に染められ
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-08-31 14:09 | 題詠blog2009

060:引退(こすぎ)   

少年を引退したときいた時心バカリノ流星雨降ル
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 21:13 | 題詠blog2009

059:済(こすぎ)   

手足まで凍えるような雨雪に済んだことまでうじうじと問う
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 21:10 | 題詠blog2009

058:魔法(こすぎ)   

夏時雨 魔法の時間はもう終わり 日記帳からこぼれた昨日
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 21:09 | 題詠blog2009

057:縁(こすぎ)   

空色の縁側に並んで腰かけ七夕流しの雨音を聴く
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 21:07 | 題詠blog2009

056:アドレス(こすぎ)   

アドレス帳めくればふわり藍色の少女ともに霧雨まとう
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 21:05 | 題詠blog2009

055:式(こすぎ)   

さっちゃんの結婚式に参加梅雨空に手をあげさようなら
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 21:00 | 題詠blog2009

054:首(こすぎ)   

春なのであなたの首にからみつき体温だけで伝える別れ
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 20:58 | 題詠blog2009

053:妊娠(こすぎ)   

『妊娠だ。どうしたらいい』『どちらでも』産まれなかった雨粒ひとつ
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 20:56 | 題詠blog2009

052:縄(こすぎ)   

ひとしきり縄文の雨流れおち鍾乳洞とパールホワイト
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-07-16 20:53 | 題詠blog2009