カテゴリ:短歌( 162 )   

066:ひとりごと(こすぎ)   

雷のひとりごと増え青空はさびしい人の上で佇む
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:36 | 短歌

065:眩(こすぎ)   

安っぽい別れ話はねえやめて日差しが今は眩しすぎるの
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:35 | 短歌

064:可憐(こすぎ)   

甥姪を可憐過ぎると言い切って親バカならぬバカ叔母になる
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:33 | 短歌

063:スリッパ(こすぎ)   

崩れてくスリッパはきすてパターン脱ぎ捨てなんなら自分も捨てていけ
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:31 | 短歌

062:浅(こすぎ)   

真夜中にTSUTAYAで借りたDVD浅はかに喰むバットマンになる
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:29 | 短歌

061:@(こすぎ)   

迷っている@の前にある暗号解いていつかあなたに
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:28 | 短歌

060:郎(こすぎ)   

初めてのキスした時に亡くなったその犬は太郎といいました
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:26 | 短歌

059:ごはん(こすぎ)   

切なくて白ごはんから母の味見える宅配今日も届いた
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:25 | 短歌

058:帽(こすぎ)   

波打った紅白帽の向こう側かあさんのうでお弁当箱
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:24 | 短歌

057:パジャマ(こすぎ)   

言えてない別れと現在(いま)と引っ掻き傷とパジャマに残したこの血痕
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-05 08:22 | 短歌