カテゴリ:短歌( 162 )   

095:しっぽ(こすぎ)   

絶え間なくしっぽを握るだけでいい いい人なのはわかっているから
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:25 | 短歌

094:沈黙(こすぎ)   

言いがたい怒り包んで沈黙だまりに投げ入れ満月を待つ
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:23 | 短歌

093:周(こすぎ)   

再会後周辺機器でありたし と その手にすがりつけば良しなの?
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:21 | 短歌

092:生い立ち(こすぎ)   

君となら生い立ちくぐりわかりたい髪に絡んだ人差し指も
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:20 | 短歌

091:渇(こすぎ)   

ドライ愛 渇きは瞳でまるわかり ハートマークの照明つきよ
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:15 | 短歌

090:メダル(こすぎ)   

手に入るメダルはいつもチョコレート新河岸川をくだってのぼって
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:12 | 短歌

089:減(こすぎ)   

彼の中減った言葉を掃除して拾い読みするシャンプーのあと
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:10 | 短歌

088:錯(こすぎ)   

偽りの情報錯走するキティちゃん電報にありったけ詰め
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:08 | 短歌

087:天使(こすぎ)   

たどたどし天使の羽根を拾ってあるく三歳児のあとついてあるく
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 11:04 | 短歌

086:恵(こすぎ)   

あやふやな恩恵なんて信じない明日はきっと白紙なんだし
[PR]

by kosugi-tanka | 2008-09-25 10:49 | 短歌