カテゴリ:題詠blog2013( 104 )   

082:柔(こすぎ)   

握ったならまだ柔らかな手が最後全てを語る温みが最後
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:00 | 題詠blog2013

081:自分(こすぎ)   

自分ではない自分がしきる葬儀(しき)挨拶の声透明になる
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:58 | 題詠blog2013

080:修(こすぎ)   

高校の修学旅行のお土産が父の遺品にあっただけ…だけ。
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:55 | 題詠blog2013

079:悪(こすぎ)   

こうやって三十一字に押しこめる悪あがきだとわかっていても
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:53 | 題詠blog2013

078:師(こすぎ)   

人生の師として歌人仲間として敬愛という言葉をのこして
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:52 | 題詠blog2013

077:うっすら(こすぎ)   

いく度にうっすらとでた汗ふいた最後の介護が私でよかった?
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:50 | 題詠blog2013

076:納(こすぎ)   

ぎっしりと蜜柑が納まり届いてた 父逝なくなり初めて知る値
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:48 | 題詠blog2013

075:良(こすぎ)   

義父に孫抱かせてあげられなかった不良品の嫁一人在り
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:45 | 題詠blog2013

074:ワルツ(こすぎ)   

毎年のウィンナワルツの番組をもういない伯母と聴いている
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:42 | 題詠blog2013

073:史(こすぎ)   

自分史をほどいて伝えてくれた祖母神隠しから白蛇伝説
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 07:41 | 題詠blog2013