カテゴリ:題詠blog2013( 104 )   

092:局(こすぎ)   

一生に一度だけ出たビデオあり局につきそい従い待った
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:45 | 題詠blog2013

091:鯨(こすぎ)   

鯨から噴き出る息と啼いてみる新月の夜人ごみの中
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-12 15:42 | 題詠blog2013

090:唯(こすぎ)   

唯一の形見がレースのハンカチで勿体なくて使えないまま
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:21 | 題詠blog2013

089:出口(こすぎ)   

生きている限り誰かが死んでいく出口はないが入口はどうか
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:17 | 題詠blog2013

088:弱(こすぎ)   

だんだんと強弱が減る心電図みながら頬を額をさすり
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:14 | 題詠blog2013

087:餅(こすぎ)   

砂糖かけ醤油まぶした餅ばかり食べてた父の大きな口が
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:13 | 題詠blog2013

086:ぼんやり(こすぎ)   

いつまでもぼんやり逝去した人の呟きばかり辿ってみる日々
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:09 | 題詠blog2013

085:歯(こすぎ)   

歯をみせて笑うことなどない淑女(レデイー)貴女に教えられた名前だ
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:08 | 題詠blog2013

084:左(こすぎ)   

見え辛い左目でみる現実は近視と乱視でぼやけて見えぬ
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:06 | 題詠blog2013

083:霞(こすぎ)   

その椅子に座っていた女性(ひと)いなくなり霞みががってく記憶の欠片
[PR]

by kosugi-tanka | 2013-03-08 08:01 | 題詠blog2013