カテゴリ:題詠blog2012( 102 )   

081:秋(こすぎ)   

秋はないキリッと冬だけきた今年又喪中葉書出す
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:32 | 題詠blog2012

080:たわむれ(こすぎ)   

あの人のたわむれにだけつきあってがさつく気持ちむかつく自分
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:30 | 題詠blog2012

079:帯(こすぎ)   

成人の帯がもたつきあのチビがにっこり笑う 歳もとる訳
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:28 | 題詠blog2012

078:査(こすぎ)   

また検査そうしてまたまた検査ぎらぎらしてる夏日が照らす
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:26 | 題詠blog2012

077:転(こすぎ)   

文庫本転がりひらひらまいおちるあの人からの土産の栞
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:23 | 題詠blog2012

076:桃(こすぎ)   

桃いろのアイドルめらめら踊ってるテレビの中だけ幸せがある
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:22 | 題詠blog2012

075:溶(こすぎ)   

今朝もまた溶けた朝陽にもたもたとパン焼ける音珈琲薫る
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:19 | 題詠blog2012

074:無精(こすぎ)   

無精髭はやしてコーンコーンお狐さまにお詣りにいく
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:18 | 題詠blog2012

073:庫(こすぎ)   

収納庫のぞけばひとつ三輪車ふたつ鳴らすよちりんちりんと
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:16 | 題詠blog2012

072:狭(こすぎ)   

街角は狭くて細くせかせかと人間だけで埋め尽くされて
[PR]

by kosugi-tanka | 2012-11-28 16:13 | 題詠blog2012