051:漕(こすぎ)   

漕ぎだせばこんなに青い海でした 父の遺体の匂いでした
[PR]

by kosugi-tanka | 2011-06-16 18:48 | 題詠blog2011

<< 052:芯(こすぎ) 電気と暮らす >>