悲鳴   

c0048121_1354573.jpg

廊下を掃除している彼。その脇をすりぬけ、リビングで着替えていた私。
突然、30センチほどのどぶみどり色した芋虫に紋白蝶の羽根をもつ物体が!部屋の中を飛び回るそれに、虫嫌いな私は、ただ逃げ回るだけ。
そこにさっそうと彼が現れ、掃除機で吸い込もうとする。ゆらゆらと逃げ回るそれ。何故かその進行方向に逃げ回る私。追い回す彼。三つ巴の鬼ごっこは、彼が、羽根を吸い込み、勝利したか!に思えた。
ほっと気を許した私は壁に背中をはりつけたまま、崩れこんだ。すると、その足元に、それが入りこみ…



『うわぁ~』


自分の悲鳴で目覚めた本日(笑)写真は何日か前に撮った夕焼け


携帯の辞書のなかから『虫』という文字を消したい夢に捕らわれ
[PR]

by kosugi-tanka | 2009-01-22 13:05 | 小説みたいな夢みたいな日記

<< 001:笑(こすぎ) 題詠blog2009参加いたし... >>